前髪の薄毛・抜け毛の原因と対策

前髪の薄毛と抜け毛についてまとめてみた!

前髪の薄毛・抜け毛についてまとめてみました。まずは、髪が生え際から後退していくメカニズムについて説明します。

薄毛・抜け毛の原因

生え際の髪が抜け落ちる原因として現在もっとも有名なのは「男性ホルモン」です。この男性ホルモンの中でもテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結合することで、ジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉ホルモン(強力な男性ホルモン)に変化します。このジヒドロテストステロン(DHT)には発毛を阻害する働きがあるため、薄毛の原因を作ってしまうのです。

また、もう一つの原因として考えられるのは、髪の毛への栄養の受け渡しが正常に行われていないことがあげられます。人間の髪の毛は、毛母細胞と毛乳頭が繋がって栄養の受け渡しを行っています。しかし何らかのトラブルがあり、この栄養の受け渡しが正常に行われていないと薄毛の原因となります。

薄毛の原因となるトラブル要因

薄毛の原因となるトラブルはどういったことがあるのか以下にまとめました。

・頭皮の血行不良

大きな原因のひとつとして“頭皮の血行不良”が上げられます。毛母細胞と毛乳頭の栄養の受け渡しが正常に行われない理由は頭皮の血行不良が原因で起こります。

また、リーズナブルな価格に加えて、人工毛ならではの特殊な性質を備えていることもポイント。速乾性や軽量性、メンテナンスが簡単なことなどが挙げられます。ただし、人工毛はカラーやパーマができません。また静電気が発生しやすいことも注意点です。

・偏った食生活や生活習慣

髪の毛は主に、夜に成長すると言われています。活動するのに多くの血液を必要とする脳や消化器が休んでいる間、皮膚、骨、頭皮に多くの血液が循環します。日中の逆転した生活は、髪の成長を妨げてしまう原因となります。
また、髪の毛の成長には多くの栄養素が必要となってきます。生活習慣だけではなく、暴飲暴食やバランスの欠けた食生活なども髪の成長を妨げると言われています。

・頭皮のケア不足

毎日のシャンプーで頭皮の皮脂を十分に洗い落とせなかった場合や、逆に皮脂を落としすぎてしまった場合、薄毛や抜け毛の原因となります。また、男性に多い点としては洗髪方法が雑だったり、爪などで強く髪や頭皮を洗うことで頭皮を傷付け、痛めてしまうことがあります。シャンプー剤やコンディショナーの洗い残しも、薄毛や抜け毛の原因となるので注意が必要です。

・ストレス

「ストレスで円形脱毛症になった」なんて言葉を、一度は聞いたことがあるかと思います。実際にストレスを感じた人間の身体は筋肉が硬直することで、血管が収縮してしまいます。結果、頭皮の血行が悪くなり、髪の毛の成長を妨げる原因となります。

・病気や疾患

AGA(男性型脱毛症)以外の病気でも、薄毛の原因となります。特に内臓に疾患を患っている場合や、内臓の手術をしたことがある場合は、患部中心に血液の循環が行われるため、頭皮への血液の循環が十分に行われなくなることが原因です。

薄毛・抜け毛に関する対処方法

薄毛は原因となる問題を一つ一つ改善していくことが重要です。ではどういったことを行えばいいのか下記にまとめましたので御覧ください。

・頭皮マッサージを習慣付ける

洗髪前後に、前髪から後頭部にかけて、指の腹で頭皮を軽く揉みほぐす習慣をつけましょう。マッサージをすることで、頭皮に流れる毛細血管の血流を良くすることが出来ます。頭皮の血流が良くなることで、毛乳頭から送られてくる栄養素が頭皮全体に行き渡りやすくなります。

・睡眠時間の改善

髪の毛がもっとも成長する時間帯は、午後10時~午前2時の間だと言われています。それは古い細胞が新しく再生されやすいのがこの時間帯だという理由からです。新しい細胞をつくり出しているこの時間帯に、しっかりと睡眠をとることで薄毛や抜け毛の予防となります。

・食生活の改善

摂取カロリーに気を配ることは勿論のこと、ビタミン・アミノ酸・タンパク質・ミネラルなどを極力摂取することを心掛けて生活を送るようにしましょう。過度なダイエットや断食も髪の毛の栄養不足の原因となるので控えましょう。

・ストレスを溜め込まない

ストレスを溜めたくて溜めている方は居ないかと思いますが、極力ストレスを感じないようにして生活を送ることも髪の毛にとっては重要なことです。また、溜めたストレスの発散方法を見つけることで、頭皮への負担を少なくすることができます。

これらの原因を改善していくことで薄毛や抜け毛はある程度防ぐことが出来るといわれています。規則正しい生活を送り、継続的に薄毛予防を行っていくよう心掛けましょう。