20代からのおすすめ育毛方法

若ハゲってどうしてなるの?その原因と改善方法

薄毛の種類は人により様々ですが、近年では若くして髪がハゲてしまう若年性脱毛症(通称:若ハゲ)といわれているものがあります。ハゲや薄毛というのは一般的に歳を取ってから起こるイメージが強いと思いますが、この若年性脱毛症を発症した場合は、20代の内から薄毛に悩まされている方も少なくないのです。今回はそんな若ハゲのメカニズムや原因、対策法(育毛法)について調べてみました。

若ハゲとは

まずは若ハゲのメカニズムについてご紹介します。ハゲのメカニズムというのは、年齢は関係なく基本的に同じで、テストステロンという男性ホルモンが、酵素の5αリダクターゼと結合し、脱毛を促すジ悪玉ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)となることで薄毛が進行していきます。一般的に、このDHTが原因となり進行する脱毛症の事を“男性型脱毛症(AGA)”と呼びます。

また、悪玉ホルモンDHTの生産は思春期以降に増加していくので、人によっては10代でAGAを発症するというケースもあります。これが俗にいう若ハゲと呼ばれる現象です。若ハゲは命に関わる重大な疾患という訳ではありませんが、脱毛により若くして大きく外見が変わってしまうため、精神的に大きなダメージを伴います。

次に若ハゲになる原因となることについてご紹介しましょう。

若ハゲの原因

・生活習慣・食生活の乱れ

睡眠時間が短い、よく夜更かしをする…、10代、20代の若い世代には特に多いかと思います。人間は睡眠中に血液や栄養が骨や肌までいき渡るようになり、細胞の分裂や再生が活発になります。しかし睡眠時間が不足すると、成長ホルモンが充分に分泌されなかったり、栄養素がしっかりと髪に届かなくなったりしまいます。

・過度なストレス

若年性脱毛症の場合は、ストレスによって大きく影響します。20代から始めた新しい仕事でプレッシャーを感じたり、人間関係が芳しくないといった理由などから常にストレスを感じている状態となり、毛細血管が収縮してしまいます。結果、血流が悪くなってしまい、髪に栄養素を届けることが不可能となり、若ハゲを発症してしまうというケースがおこります。ストレスを感じると、例え睡眠をとっている時も、脳が完全な休息状態にはならず、血管が収縮している状態が続いてしまうのです。

・角栓様物質による毛穴詰まり

頭皮の皮膚が生まれ変わることによって生じる古い角質が、皮脂と混ざることで角栓様物質(かくせんようぶっしつ)となります。それらが毛穴に詰まることにより、分泌された皮脂などが毛穴の中に溜まってしまい、ヘアサイクルの乱れを引き起こします。

AGAの場合は自然治癒することは可能性としてとても低いので、病院へ行って治療していくことが大切です。だれでもすぐに若ハゲ対策として出来ることは多くあります。

今すぐできる若ハゲ対策

・生活習慣と食生活を改善させる

毎日十分な睡眠時間を取ることが育毛には大切です。成長ホルモンがもっとも分泌される時間帯である、午後10時~午前2時の間に就寝することが大切です。食生活の面で気を付けたい点は“バランスを考えた食事を摂ること”です。また、カロリーの摂りすぎや偏食、過度なダイエットや断食も控えるようにしましょう。

・ストレスの発散方法を見つける

「ストレスを一切感じずに生きる」というのは難しいので、ストレスを感じてしまった場合の捌け口を見つけておくことも大切です。例えば有酸素運動をすることや、好きな音楽を聴くこと、カラオケなど、何でも構いません。

・正しいヘアケア方法

爪ではなく指の腹を使い、頭皮をマッサージするように優しく洗髪しましょう。時間をかけてシャンプーを行い、すすぎもよく行うことで角栓様物質を作らせない頭皮環境を作ることが出来ます。またマッサージにより頭皮の血行促進を促すことができるのです。

以上の基本的なことで若ハゲや薄毛は予防・改善することができます。まずは自身の生活習慣を正していくことが、もっとも効果的な若ハゲ予防・育毛方法になることを覚えておきましょう。