はげの治療と対策

意外と知らない?ハゲを治療する方法

今やハゲは病院で治せる時代です。テレビCMなどでも時折「薄毛や抜け毛は、お医者さんに相談だ」なんてフレーズを耳にすることがあると思います。少し調べてみると、発毛や育毛を専門としている「薄毛の治療に特化した病院」は、全国に多く存在することを知ることができます。今回は、育毛治療の種類についてご紹介します。

育毛治療の種類

・ミノキシジルを用いた治療方法

血管を拡張させ、血圧を下げる働きを持っているミノキシジルは、もともと高血圧治療のお薬として用いられていました。ただミノキシジルの内服を続けている多くの患者に“毛が濃くなる”という副作用が出てきた為、近年では抜け毛やハゲ治療へ応用されるようになったことが始まりです。

ミノキシジルの効果としては、毛乳頭細胞に働きかけることで化合物を分泌させ、細胞増殖因子の産生を促し、発毛を促進させます。さらに先程も上げた通り、ミノキシジルには元々血管拡張作用があるため、服用することで頭皮の血行を促進させることも出来ます。ミノキシジルタブレットなどの内服薬の場合は特にこめかみや生え際に効果が期待できるといわれています。

また、ミノキシジルは内服薬の他にも頭皮に直接注射を打ち、毛根へ直に栄養素を届ける「ミノキシジル注入療法」や、患部に直接塗って使用する「ミノキシジル外用薬」などがあります。

・プロペシアを用いた治療方法

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、元々前立腺肥大に悩む患者のお薬だったのですが、ミノキシジルと同様に副作用にて“抜け毛や薄毛が改善された”ことが切っ掛けとなり、薄毛治療薬として用いられるようになりました。男性ホルモンの一種であるテストステロンは、5αリダクターゼという酵素と結合することで抜け毛を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉ホルモンに変換されます。

しかしプロペシアの主成分である「フィナステリド」は、5αリダクターゼの働きを抑える効果があり、テストステロンがDHTに変換されるのを防ぐことが出来ます。DHTは男性型脱毛症(AGA)の原因となるホルモンなので、生産を抑えることが出来れば、抜け毛・薄毛の進行を抑制することができるようになります。

・HARG療法(ハーグ療法)

HARG療法とは、頭皮に直接注射で成長因子(HARGカクテル)を毛根に注入する最新の発毛治療方法となります。驚くべきはその発毛率の高さで、発毛率はなんと90%以上とも言われています。HARG療法は育毛メソセラピー(注射を使用した施術)となるため多少痛みを伴いますが、治療時間も数10分と短く、効果も短期間で現れるので今もっとも注目されている発毛治療方法のひとつです。

ご紹介した通り、病院で行える薄毛の治療方法は様々ありますが「費用がかかる」「病院に通院する」というデメリットもあります。病院に相談する前に、まずは自身で行えるハゲ予防をしてみるのも良いかもしれません。

今すぐ自分でできる薄毛予防

・生活習慣の改善

髪がもっとも成長すると言われている時間帯は、就寝時の午後22時~午前2時の間となっています。毎日この時間に就寝することで成長ホルモンを促すことが出来ます。

・頭皮の血行促進

頭皮の血行不良は薄毛や抜け毛の原因となります。入浴時の数分でも良いので、指の腹を使い頭皮を優しくマッサージして揉みほぐしてあげましょう。

・食生活の改善

バランスの悪い食生活はハゲや薄毛の進行に拍車をかけてしまいます。極力バランスの良い食生活を心掛けると良いでしょう。アルコールやカロリーの過剰摂取、過度なダイエットも育毛の妨げとなるので控えるようにしましょう。

ハゲや薄毛対策が出来るのは、何も病院に限ったことではありません。しっかりと生活習慣も見直したうえで、病院の治療や育毛に取り組むのが一番効果的な対策なのです。