かつら・ウィッグの価格・値段

薄毛が気になりだした人にとって頼りとなるアイテムがかつら(ウィッグ)。テレビや新聞、雑誌などでは盛んに毛髪関係のコマーシャルを見るので、「かつらをつけようかな」と考える人も多いはず。

ただし、コマーシャルだけでは金額の詳細まで分からないことが多いですよね。これは、かつらの価格は見積もりをすることで決まること、つまり実際にお店に行くまで分からないシステムになっていることが関係しています。また、毛髪関係の話題は「タブー」とされがちなので、友達に聞くなど口コミで知ることも難しいかもしれません。

そこで、かつらやウイッグにかかる費用の相場について、初心者の方にもわかりやすいように情報をまとめました。本体価格だけでなく、特殊な仕様をつけた場合のオプション料金、そしてランニングコストの相場も紹介しています。ぜひ、かつら選びの参考にしてください。

本体価格

まず、何よりも気になるのがかつら本体の価格。かつらは薄くなった一部分を隠す部分かつらと全体を覆う全頭かつらの2タイプに分かれますが、全頭かつらの本体価格を例に説明しましょう。

男性用かつらの市場価格は、大手メーカーで大体40万円~80万円、中小メーカーで20万円~40万円と言われています。また、理髪店でもかつらを扱っており、その場合は中小メーカーと同じく20万円~40万円ぐらいが相場になるようです。

女性用かつらの場合は薄毛・白毛隠し用(医療用ウィッグ)だけでなく、オシャレ用のかつらも広く使われています。医療用ウィッグの場合は中小メーカーや理髪店で10万円~30万円、大手メーカーだと30万円~70万円が平均となるようです。

オシャレ用のウィッグはポイントウィッグ、ハーフウィッグ、フルウィッグなど様々なタイプに分かれますが、若い年齢の女性がアクセサリー感覚で使用するので低コストとなっており、安いものなら3,000円くらいから購入できるものもあるようです。

オプション料金

かつらは本体価格だけではありません。本体に加えて人毛、人工毛、毛量の割合など特殊な仕様をつけたオプションパックが選べるようになっています。オプション料金はメーカーによって様々ですが、大体1 オプションに付き5,000円~2万円を目安と見ておくとよいでしょう。

アフターケア

かつらは購入した後も抜け毛や毛先の補修などアフターケアが必要です。つまり、メンテナンスのランニングコストがかかります。

修理の相場は、かつらの部位にもよりますが、分け目の人工皮膚の場合は大体3万円~4万円です。ちなみに、本体価格では大手メーカーの方が高い傾向にありましたが、アフターケアは逆転し、中小メーカーが高く、大手メーカーはリーズナブルな傾向があるようです。

加えて、購入したかつらはサロンでシャンプーや染め直し、毛髪調整、カット調整などを行う必要があり、1つのメニューで1,000円~4,000円程度が相場となります。

年会費サービスがお得

ここまで、かつらの購入からランニングコストに至るまで様々な費用を紹介してきました。かつらは3年前後で買い替えるのが適正期間と言われており、新たなかつらの作製やメンテナンスも必要になるなど長い付き合いとなります。そこでお得になるのが年会費サービスです。

例えば、アデランスの年会費サービス「アデランスヘアクラブ」の1番安いプランだと、月々約1万5,000円の会費で、かつらの作製はもちろんのこと、メンテナンスなども含んだサービスを受けることができます。ただし、こちらはリース商品となり、自分のかつらを所有することはできません。

しかし、既に述べたように買い取りのかつらも一定周期での買い替えが必要です。それを考慮すると、リースを選ぶのは悪くない選択だと言えます。メンテナンスがしやすいことで常にベストコンディションのかつらを使えるのは大きな魅力ですし、かつらのタイプも変えやすいので選択肢も広がるでしょう。